脱原発世界会議に参加しました

2012年1月16日 12時45分 | カテゴリー: 活動報告

「ヨコスカ=原子 力空母と核燃料 工場のまち」 松原有子

安定ヨウ素剤の話をする瀧川さん
安定ヨウ素剤の話をする瀧川さん
2012年1月14日〜15日にパシフィコ横浜で開催された脱原発世界会議に参加してきました。横須賀では6つの平和運動団体が主となり実行委員会形式で持ち込み企画を企画、運営しました。

NO!CVN&NUKES チーム・ヨコスカのグループ名でイベントとブース展で参加。

横須賀には原子力空母だけではなく、日本の原発の半数を動かしている核燃料を製造している核燃料工場(GNF-J グローバル・ニュークリア・フュエル・ジャパン)があります。

1日目のイベントでは毎月最終日曜日に行われている月例デモで演奏しいる「よろずピースBAND」の演奏を交えながら、横須賀の原子力空母の話、核燃料工場の話、安定ヨウ素剤の話、住民投票の話など映像とともに聞いて頂きました。

GNFの事はあまり知られておらず、ブース展示でも会場の方々から「横須賀で燃料を作っているの?」「高速を乗って運ばれているの?」などの質問を受けました。

昨年の福島原子力発電所の事故を受け、多くの人が原発に関心を持っているであろう脱原発世界会議の会場でも知らない方が多いこの事実を受け、横須賀のGNFの事をもっと伝えていかないといけないと感じました。福島でメルトダウンを起こした燃料は横須賀から運ばれていった事実も認識されてはいません。

今回の脱原発世界会議の会場には二日間で1万1,500人の入場者があり、原発に依存している社会から脱却して再生エネルギーに目を向けようとしている人々が確実に増えています。

3月11日で福島の事故から1年経ち、日本各地で大きな脱原発のイベントが行われます。そのイベントに向け、いろいろと動いていこうと思います。